Linux From Scratch:仮想マシンにハードディスクを追加


Pocket

いまVMwareのUbuntuには/dev/sda1が1つだけある。
LFS用のパテーションを追加するためにハードディスクを仮想的に追加する。
そのためにまずは仮想マシンをパワーオフにする。
Ubuntuのメニューから、システム>終了>シャットダウン

次にVMware Playerのメニューから、仮想マシンの設定>ハードウェアで
追加ボタンを押す。


ハードウェアの種類:ハードディスク
次へボタンを押す。
仮想ディスクの新規作成
ディスク:仮想ディスクの新規作成
次へボタンを押す。
仮想ディスクタイプ:SCSI(推奨)
仮想ディスクタイプ:SCSI(推奨)
次へボタンを押す。
ディスクの最大サイズを指定
ディスク最大サイズ:10.0GB
次へボタンを押す。
ディスクファイル名を入力
ディスク ファイル:LFS.vmdk
完了ボタンを押す。
追加されたハードディスク
ハードディスクが追加された。

仮想マシンを起動し、SCSIハードディスクが追加されていることを確認する。

$ ls /dev/ds*
/dev/sda /dev/sda1 /dev/sda2 /dev/sda5 /dev/sdb

※追加されたハードディスクは/dev/sdbである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です