postfix:インストールとmtaの切り替え


Pocket

sendmailが入っているサーバにpostfixを入れるメモ。

まず、postfixのインストール

# yum install postfix

次に設定。/etc/postfix/main.cfに記述する。

# cp /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.org
# vi /etc/postfix/main.cf
/etc/postfix/main.cf
myhostname = 自ホスト名
mydomain = $mydomain
myorigin = $mydomain
#inet_interfaces = all
inet_interfaces = localhost
mynetworks_style = host
mynetworks = xxx.xxx.xxx.xxx
smtpd_banner = $myhostname ESMTP
home_mailbox = Maildir/
main.cfのパラメタ抜粋
パラメータ名 説明
myhostname 自ホスト名
DNSで引けるドメイン名であること。
mydomain 自ドメイン名
postfixの名前解決に使用する。ホスト名を省略したとき、このlocalhost.$mydomainに送信される。
mynetworks_style 信頼できるSMTPクライアントアドレス
host,subnet,classが指定できる。
mynetworks 信頼できるSMTPクライアントアドレス
mynetworks_styleよりも詳細に設定するときに使う。,(カンマ)またはスペースで区切ってsabunetをいくつも設定できる。ここを設定するとmynetworks_styleは無視される。
home_mailbox mailboxの形式

mtaの切り替え。

# /usr/sbin/alternatives --config mta

There are 2 programs which provide 'mta'.

  Selection    Command
-----------------------------------------------
*+ 1           /usr/sbin/sendmail.sendmail
   2           /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number:

ここでpostfix・・・2を選ぶ。

設定したらpostfixを起動&initスクリプトの登録。

# /etc/init.d/postfix start
# /sbin/chkconfig postfix on

sendmailは止める。

# /etc/init.d/sendmail stop
# /sbin/chkconfig sendmail off

必ず不正中継のテストをすること。 Mail relay testing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です