centOS:yum-cronの設定


Pocket

パッケージ更新のダウンロードまでは自動でやっておいて欲しいのでyum-cronをインストールした。
そのメモ。

# yum install yum-cron

インストールされた内容は

# rpm -ql yum-cron
/etc/cron.daily/yum.cron
/etc/cron.weekly/yum.cron
/etc/rc.d/init.d/yum-cron
/etc/sysconfig/yum-cron
/etc/yum/yum-daily.yum
/usr/share/doc/yum-cron-0.6
/usr/share/doc/yum-cron-0.6/COPYING
/usr/share/doc/yum-cron-0.6/README

設定ファイルは/etc/sysconfig/yum-cron。
初期状態だとパッケージ更新まで自動で行うようになっているので、設定ファイルを変更する。httpdのように更新を反映するのにrestartが必要なパッケージが放置されないように、当分は更新チェック、ダウンロードまで自動。アップデートは手動で行うつもり。

/etc/sysconfig/yum-cron
# Don’t install, just check (valid: yes|no)
CHECK_ONLY=yes
# Don’t install, just check and download (valid: yes|no)
# Implies CHECK_ONLY=yes (gotta check first to see what to download)
DOWNLOAD_ONLY=yes

設定したらyum-cronの再起動する。

# /etc/init.d/yum-cron restart
# yum check-update

これでrootにメールが来るようになる。

最後にyum-updatesdを止める。

# /etc/init.d/yum-updatesd stop
# /sbin/chkconfig yum-updatesd off

1 Comments

  • […] 一定周期でyum updateを自動でやってくれる。 デフォルト設定だと、インストールまで全自動だが、それだとアプリが動かなくなったりするかもしれない怖い、という場合はパッケージダウンロードだけに留めることもできる。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です