CentOS:日本語入力できるようにする


Pocket

yumのリポジトリを作成し、キーを登録する。

cd /etc/yum.repos.d
wget http://centos.karan.org/kbsingh-CentOS-Extras.repo
wget http://centos.karan.org/kbsingh-CentOS-Misc.repo
rpm –import http://centos.karan.org/RPM-GPG-KEY-karan.org.txt

yumでSCIM と Anthyをインストール

yum install anthy scim scim-anthy

システム設定入力メソッドを Anthy + SCIM へ切替える。

/usr/sbin/alternatives –config xinput-ja_JP

ここでサーバを再起動。

reboot

※今使っているVMwareイメージではブート状況の表示で日本語が四角くつぶれる。
ブートが進むと日本語表示されるようになるので気にしないことにする。

再起動してログインするとCtrl-Space(または半角/全角キー)でローマ字入力できるようになる。

※できない場合は入力メソッドでシステム設定に従う[SCIM]が選択されているか確認する。

システム>設定>他の個人設定>入力メソッド

1 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です