Linux From Scratch:新しいパーティションを生成


Pocket

新しく追加したハードディスク/dev/sdbにパーティションを追加する。
パーティションの作成はfdiskコマンドで対話的に行う。
w(書き込み)を実行しない限りは何度でもパテーションを切りなおせる。

$ sudo fdisk /dev/sdb
デバイスは正常な DOS 領域テーブルも、Sun, SGI や OSF ディスクラベルも
含んでいません
Building a new DOS disklabel with disk identifier 0xa8c00198.
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
After that, of course, the previous content won't be recoverable.

このディスクのシリンダ数は 1305 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)
警告: 領域テーブル 4 の不正なフラグ 0x0000 は w(書き込み)によって
正常になります

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x8b69762a

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-1305, default 1): 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-1305, default 1305): +100M

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 2
最初 シリンダ (14-1305, default 14): 14
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (14-1305, default 1305): +512M

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 3
最初 シリンダ (77-1305, default 77): 77
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (77-1305, default 1305): 1305

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0xc4a5459c

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1          13      104391   83  Linux
/dev/sdb2              14          76      506047+  83  Linux
/dev/sdb3              77        1305     9871942+  83  Linux

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。

次にパーティションにファイルシステムを作成する。
ファイルシステムの作成はmke2fsコマンドを使う。
-jを指定してext3 のファイルシステムを作成する。

$ sudo mke2fs -jv /dev/sdb1
mke2fs 1.40.8 (13-Mar-2008)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
26104 inodes, 104388 blocks
5219 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
Maximum filesystem blocks=67371008
13 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
2008 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
	8193, 24577, 40961, 57345, 73729

Writing inode tables: done
Creating journal (4096 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 36 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

$ sudo mkswap /dev/sdb2
Setting up swapspace version 1, size = 518184 kB
no label, UUID=3e1db6f5-0177-4765-8d06-66486ec91980

$ sudo mke2fs -jv /dev/sdb3
mke2fs 1.40.8 (13-Mar-2008)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
617728 inodes, 2467985 blocks
123399 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2529165312
76 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8128 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です