Linux From Scratch:パッケージインストールの準備


Pocket

まず、パッケージをダウンロードする。
必要なパッケージのリストがここにあるので、wgetで一気に取得する。
ダウンロードする場所は$LFS/sourcesにする。

sudo mkdir -v $LFS/sources
cd $LFS/sources
wget http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/LFS-BOOK/wget-list.txt
wget -N -i wget-list.txt  

パッケージは全て$LFS/toolsにインストールするので、そのためにディレクトリを作成する。

sudo mkdir -v $LFS/tools

次にホストシステムの/toolsにシンボリックリンクを作成する

ln -sv $LFS/tools /

これで、ホストシステムの/tools = LFSの/tools(/mnt/lfs/tools)になった。

$LFSには/mnt/lfsというパスが設定されていなければならない。
常にこの環境変数があるように、~/.bashrcに以下のように書いておくこと。

export LFS=/mnt/lfs

ご操作によってシステムを破壊してしまわないために、パッケージビルド作業は一般ユーザで行うのがよい。
LFS-BOOKの手順にならってlfsユーザ、lsfグループを作成する。

sudo groupadd lfs
sudo useradd -s /bin/bash -g lfs -m -k /dev/null lfs

次に、パスワードを任意のパスワードに変更する。

sudo passwd lfs

パッケージのインストール先とダウンロードしたソースをlfsユーザで操作できるようにファイルの所有権を変更する。

sudo chown -v lfs $LFS/tools
sudo chown -v lfs $LFS/sources

以降の作業はlfsユーザで行うので、lfsユーザに切り替える。

su -lfs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です