Linux From Scratch:LFSビルド環境の構築


Pocket

LFSビルド環境の構築
LFSを構築するには既存ディストリビューションのビルド環境を利用する。
今回の実験で、全ての作業はVMマシン上で行うので、簡単に環境構築するためにUbuntu Japanese Teamのサイトから日本語設定されたUbuntuのVMWareイメージを取ってくる。
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized
「日本語 Remix VirtualBox用仮想マシンのダウンロード」リンクをクリック
VMWare Playerでこのイメージを起動する。
VMWare ゲストOSの設定

起動後に表示されるシステム設定で、言語、時間帯、キーボードレイアウト、ユーザ名、パスワードを入力しする

設定内容

言語:日本語
時間帯:Asia/Tokyo
キーボードレイアウト:Japan
ユーザ名とパスワード:任意

回、VMware Toolは必要ないのでインストールしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です