Linux From Scratch:環境設定


Pocket

いまはlfsユーザでログインしている。
これからlfsユーザでパッケージのビルドを行うが、その前にlfsユーザの環境を整える必要がある。

この作業はホストシステムの環境や設定がビルド内容に影響を与えないようにするためである。
まず、lfsユーザが使用するシェルを/bin/bashに固定する設定を~/.bash_profileに記述する。

cat > ~/.bash_profile << "EOF"
exec env -i HOME=$HOME TERM=$TERM PS1='u:w$ ' /bin/bash
EOF

このあと起動するシェルはbashとなる。
bash起動時に実行される.bashrcファイルに以下の設定を記述する。

~/.bashrc
cat > ~/.bashrc << "EOF"
set +h
umask 022
LFS=/mnt/lfs
LC_ALL=POSIX
LFS_TGT=$(uname -m)-lfs-linux-gnu
PATH=/tools/bin:/bin:/usr/bin
export LFS LC_ALL LFS_TGT PATH
EOF

これらは今後使用する環境変数と、ホスト環境の設定によって動作が変わることを防ぐための設定である。

sourceコマンドで設定を即座に反映する。

source ~/.bash_profile

以上の設定を行った後、この環境にはこれだけの環境変数が設定されている。

lfs@ubuntu-vm:~$ env
SHELL=/bin/bash
TERM=xterm
LC_ALL=POSIX
USER=lfs
LFS=/mnt/lfs
MAIL=/var/mail/lfs
PATH=/tools/bin:/bin:/usr/bin
PWD=/home/lfs
LANG=ja_JP.UTF-8
LFS_TGT=i686-lfs-linux-gnu
SHLVL=1
HOME=/home/lfs
LOGNAME=lfs
_=/usr/bin/env

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です