coLinux:Windowsのファイルシステムをマウント


Pocket

coLinuxの中にsambaを立ててもいいけど、ディスクサイズ小さめでイメージを作っているのでWindows側に共有スペースを作って、それをcoLinuxでマウントするほうが良さそう。

私の場合はこんな感じで起動引数にtxtファイルを指定しているのでcent5.colinux.txtに設定を追記します。

起動コマンド
“C:Program FilescoLinuxcolinux-daemon.exe” -t nt @”C:coLinux-installer-20080221cent5.colinux.txt”

cent5.colinux.txt
cobd0="C:coLinuxcentos5root.ext3"
cobd7="C:coLinuxcentos5swap_device"
cofs0="C:coLinuxcentos5share"  #共有するフォルダ
root=/dev/cobd0 fastboot
initrd=initrd.gz
kernel=vmlinux
mem=128
eth0=tuntap

この引数でcoLinuxを起動したらrootで好きなところにマウントする

mkdir /share
mount -t cofs cofs0 /share

次回の起動から自動でマウントするように/etc/fstabを編集する。
最後にこの1行を追加。

/etc/fstab
cofs    /share  cofs    defaults        0       0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です