linux:GUIのvimをソースからインストール


Pocket

vim7.2が使いたいのでソースからインストールした。

cd ~/local/src
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-http://blog.mktime.com/wp-admin/post-new.phpextra.tar.gz
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-lang.tar.gz
tar jxfv vim-7.2.tar.bz2
tar jxzv vim-7.2-extra.tar.gz
tar jxzv vim-7.2-lang.tar.gz
cd vim72/
mkdir patch
cd patch
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.*
cd ..
cat patch/7.2.* | patch -p0

GUIで使いたいので、GUIを有効にするconfigureオプションを指定する。

./configure
–enable-multibyte
–enable-xim
–with-x
–with-features=big
–enable-perlinterp
–enable-pythoninterp
–enable-rubyinterp
–enable-gui=gnome2

make

makeでエラーが出る。

os_unix.c:2641: error: ‘security_context_t’ undeclared (first use in this function)

selinux要るの?

yum install libselinux-devel

これでmake ,makeinstallまでいけたけど、vim -g で起動したらエラーが。

E25: GUIは使用不可能です: コンパイル時に無効にされています

configureログを確認すると確かに無効になっている。

checking –enable-gui argument… GNOME 2.x GUI support
checking whether or not to look for GTK… yes
checking –with-gtk-prefix argument… no
checking –with-gtk-exec-prefix argument… no
checking –disable-gtktest argument… gtk test enabled
checking for gtk-config… (cached) no
checking for gtk12-config… (cached) no
checking for pkg-config… (cached) /usr/bin/pkg-config
checking for GTK – version >= 2.2.0… no
checking for GTK – version >= 1.1.16… no
checking for X11/SM/SMlib.h… (cached) yes
checking for X11/xpm.h… (cached) yes
checking for X11/Sunkeysym.h… (cached) yes
checking for XIMText in X11/Xlib.h… yes
no GUI selected; xim has been disabled

gtk2が必要か。

sudo yum install gtk2-devel

gtk2をインストールしたあと、もう一度

./configure
–enable-multibyte
–enable-xim
–enable-x
–with-features=big
–enable-perlinterp
–enable-pythoninterp
–enable-rubyinterp
–enable-gui=gnome2

make
sudo make install

よし。完璧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です