PHPフレームワークKohana:ビューに変数をセットする


Pocket

Kohanaのビューを表示するにはテンプレートファイルを作成してコントローラーに以下のように記述します。

$view = View::factory('index');  // テンプレートファイルが view/index.php
$this->response->body($view);

さらにビューの中に変数の値をセットしたい場合はこう書きます。

$view = View::factory('index')
   ->set('user','太郎'); // 変数$userに'太郎'をセット

ビューファイルには$userという変数名になります。

<?php echo $user; ?>

set()と同様にbind()も使えます。
set()が値渡しであるのに対して、bind()は参照渡しです。

$view = View::factory('index')
   ->set('user','太郎'); // 参照渡しで$userに'太郎'をセット

bind()は参照渡しなので以下のように定数を渡したりするとエラーになります。

$view = View::factory('index')
   ->set('result',true); // trueは参照渡しできないのでエラーになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です