php:Windows環境でphp.exe+apache+MySQLの環境を作る


Pocket

php

php.netからバイナリをダウンロードする。
インストーラでもいいけど、とりあえずzipにしとく。

解凍したらフォルダごと適当なところに移動する。(以降、仮にC:php-5.2.6-Win32に置いたと仮定して読んでください。)
フォルダの中にあるphp.ini-recommendedをコピーしてphp.iniに名前を変える

apache

apache.orgから現在の最新版Apache2.2のWindows用インストーラをダウンロード&実行する。
オプションは適当に選ぶ。

httpd.confに設定を追加する。
標準のパスでインストールしたなら、C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2confに設定ファイルhttpd.confがある。
以下の設定を追記する。

LoadModule php5_module "C:php-5.2.6-Win32php5apache2_2.dll"
PHPIniDir "C:php-5.2.6-Win32"
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps

linux環境の”httpd configtest”に変わるコマンドは

httpd.exe -t

このコマンドを実行して”Syntax OK”が表示されることを確認する。
OKならapacheを再起動する。

httpd.exe -k restart

公開ディレクトリにtest用のphpファイルを置いて、phpが実行されていればOKです。

XdebugをWindows環境で使うには
http://pecl4win.php.net/ext.php/php_xdebug.dll
からphp_xdebug.dllをダウンロードしてエクステンションDirに保存する。

エクステンションとPEARを使う&開発環境用にphp.iniを編集する

php.ini
#pearディレクトリをinlude_pathに入れる
include_path = ".:C:php-5.2.6-Win32pear"

#開発用にdisplay_errorsをOnにする
display_errors = On

#extension_dirを設定する
extension_dir = "C:php-5.2.6-Win32ext"

#エラーログを出力する
error_log = php_error.log

拡張を有効にする。php_xdebug.dllも追記する。
extension=php_mbstring.dll
extension=php_pdo.dll
extension=php_pdo_mysql.dll

PEARを使えるようにする

1.go-pear.batを実行して適当に進める。
2.PEAR_ENV.regをダブルクリックしてレジストリに登録する。
3.環境変数pathにpear.batがあるディレクトリを追加する。
4.コマンドプロンプトで “pear list”コマンドが通ればOK。
5.プロクシ環境ならpear configにプロクシ設定を行う。
pear config-set http_proxy プロクシサーバ名:ポート番号

MySQL

mysql.comからMySQL Community ServerのWindouws用Setup.exeをダウンロードします。
ウィザードに従ってインストールします。
インストールが終わるとそのまま設定ウィザードに続くので適当に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です