Linux:コマンドプロンプトの書式を変更する


Pocket

Ubuntuデフォルトのプロンプトはカレントディレクトリが深い階層になったとき、プロンプト表示でかなりの幅を取ってしまい見難いのでプロンプトの書式を変更した。

プロンプトの書式はPS1というシェル変数に設定する。
PS1とはPrompt Stringの1番目ということらしい。

.bashrcに以下のように記述する。

.bashrc
PS1=”[u@[33[32m]h[33[0m] W]$”

最後のWがポイントで、これはカレントディレクトリ名を表す。
ここかwになっているとフルパスで表示されてプロンプトが長くなってしまう。

.bashrcを書き換えたら、

source .bashrc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です