ratproxy:インストールからレポート表示まで


Pocket

1.ダウンロード

# cd /usr/local/src
# wget http://ratproxy.googlecode.com/files/ratproxy-1.51.tar.gz

2.解答してmake

# tar zxfv ratproxy-1.51.tar.gz
# cd ratproxy
# make

※makeするにはopenssl-develが必要

3.実行(出力フォルダ、出力ログ、ドメイン、ポートを指定する場合)

./ratproxy -v . -w out.log -d www.hoge.com -p 8000 -rlfscm &

4.ブラウザでプロクシー(ポート8000)を解して適当にサイトにアクセス

5.ログをレポートに出力
見栄えもあるのでタイトル画像を見えるところに移動

# cp ratproxy-back.png  /var/www/html/ratproxy

cronに設定する

crontab -e
*/5 * * * * /usr/local/src/ratproxy/ratproxy-report.sh /usr/local/src/ratproxy/out.log > /var/www/html/ratproxy/report.html
*/5 * * * * mv /usr/local/src/ratproxy/*.trace /var/www/html/ratproxy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です