玄箱pro:FLASHメモリを初期状態に戻す


Pocket

  1. TFTPサーバー Poor TFTP Server for WIN32をダウンロードし、適当な場所に解凍する。
  2. 公式サイトの玄箱proのページから【ファームウェア(NAND型フラッシュメモリ)初期化方法F/W1.02】をダウンロード、解凍して出来たinitrd.buffaloとuImage.buffaloをTFTPサーバーのフォルダに置く。
    ※ここでダウンローするzipの中に初期化の詳しい説明がある。
  3. 玄箱のIPアドレスを調べる(以降、仮に192.168.11.150とします)
  4. PCのIPアドレスを玄箱からアクセスできるように変更する(以降、仮に192.168.11.10とします)
  5. 玄箱proの電源はONにしておき、PCからシリアル接続する
  6. PCでTFTPサーバーを起動する。
  7. U-Bootの画面でserveripの値をPCのIPアドレスに変更し、起動する
    Marvell>> setenv serverip 192.168.11.10
    Marvell>> save
    Marvell>> boot
    これでTFTPからダウンロードしたイメージで起動されます。しばらく待つ。
  8. 起動後、rootでログインする。パスワードは”kuroadmin”
  9. NANDフラッシュメモリの書き換えを行う。
    # update_mtd.sh all

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です